2011年02月20日

ハルへ

ハル・・・

おめでとう。
良かったね。
母も・・なんともホッとしました。


ハルへ2.jpg


長く苦しい戦いでしたね。
なかなか決まらないで・・
「お祈りメール」ばかり増える日々に・・
内心きっとかなりの重さだろうなと・・推察してました。
あまりにも重なっていく「お祈りメール」は・・
時として・・君の人格否定に繋がりそうな・・
そんな鉛のような重石で・・君を奈落の底に連れて行きはしないかと
母は心配してました。

よくその中で負けもせず・・
きっと振り絞った気力を広げ
無理やりアイロンがけをして・・
順風漫歩の風を受けられるように修繕しながら・・
漕ぎ出し戦ってきたんだろうな・・と思います。。


ハルへ.jpg



いつも「スライディングドア」を思い
「プロフェッショナル」に学び
苦しい時はいつもあるはずと
それは自分を見つめる貴重な時間として・・
自分を育てる肥料として・・
大事にすべき苦悩なのだと・・
母は言ってもきたし・・
それはまたターニングポイントになるべき事柄なのだと
伝えてもきた。
それでも・・やっぱり苦しかったろう。

本当によく戦いました。
本当によく一歩一歩を踏み出しました。。


ハルへ3.jpg



分かっていると思いますが・・
これが終わりではありません。
これから始まるのです。
君を選んでくれた企業に感謝をし・・
その思いに答える努力を惜しんではいけません。
人が笑顔になる仕事をしてください。



ハルへ4.jpg






それから父は・・
君への「跡継ぎ」の思いを諦めていないようですよ。
それもこれも君の考え次第です。
でも父の言葉にはよくよく耳を傾けて
よく検討しなさい。
けしって無碍に断らないように。。

父は・・
何をどう言っても君達が同じ仕事をしてくれることを
望んでいるのです。
そのために頑張って積み重ねてきたものさえあるのです。
そこには父なりの「子への思い」が満ちています。
かといって・・君の好きなようにしていいのですが・・
その思いだけは汲んでやっていただきたいと・・
母は思っています。。

よろしく。。


22歳のハルへ。。




posted by マイマ at 00:15| 長崎 | Comment(6) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。